« 一票の重みという欺瞞 | トップページ

2013年8月24日 (土)

ヘイトスピーチが正当化されることの怖さ

ヘイトスピーチという言葉がある。「憎悪表現」と訳されるもので、「人種民族国籍宗教思想年齢性別性的指向障害職業、社会的地位・経済レベル、外見などを貶め、憎悪、暴力をかき立てるような表現をすることがヘイトスピーチの特徴である。」と
ウィキペディアでは定義されている。

最近、ネット上でこのヘイトスピーチをよく目にする。特定のアジア諸国との外交問題や国民性の差異を取り上げての罵詈雑言がほとんどなのだが、それぞれの話者が何のためらいも躊躇もなく、そういった発言をしてのける感性が引っかかって仕方なかった。

確かに日本と特定のアジア諸国の外交関係は決して平穏とは言えないかもしれない。しかし、それは外交の問題であって、国民性の問題と短絡的に結び付けるべきではない。どんな根拠があったとしても「●●人は~」というステレオタイプのヘイトスピーチは避けられるべきである。

そういった偏狭なナショナリズムに疑いもなく加担してしまう無知と思考力の無さに驚愕してしまう。そういった人たちほど、「先日デモに参加してきた」と無邪気に語れてしまうのである。

昨今のデモブーム(あえてブームという)は、若者の自己顕示と繋がりを求める欲求の転化だという指摘がある。そういった自己の発露様式を否定するつもりは毛頭ないが、それが短絡的なステレオタイプに、無意味な憎悪感情に油を注いでしてしまうことにもっと自覚的にならねばならない。

もちろん「問題」だと言われていることに全く問題がないというコンサバティブでも私はない。しかしヘイトスピーチという幼稚な様式で自己の満ち足りなさを発散させるのではなく、市民社会の一員としてもっと理性的な方法で対処すべきではないかということである。本当にその問題を問題視し、純粋に関心をもっているのであればである。

|

« 一票の重みという欺瞞 | トップページ

コメント

久しぶりに覗きに来ました。
いろいろなところでご活躍の様子、
ホッとしました。
2014年は飛躍の年になりますよう、
僻地よりお祈り申し上げます(笑)
こちらも今年は革命的一年になりそうです。

投稿: 2CV | 2014年2月14日 (金) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102583/58050628

この記事へのトラックバック一覧です: ヘイトスピーチが正当化されることの怖さ:

« 一票の重みという欺瞞 | トップページ