« 2013年7月 | トップページ

2013年8月24日 (土)

ヘイトスピーチが正当化されることの怖さ

ヘイトスピーチという言葉がある。「憎悪表現」と訳されるもので、「人種民族国籍宗教思想年齢性別性的指向障害職業、社会的地位・経済レベル、外見などを貶め、憎悪、暴力をかき立てるような表現をすることがヘイトスピーチの特徴である。」と
ウィキペディアでは定義されている。

最近、ネット上でこのヘイトスピーチをよく目にする。特定のアジア諸国との外交問題や国民性の差異を取り上げての罵詈雑言がほとんどなのだが、それぞれの話者が何のためらいも躊躇もなく、そういった発言をしてのける感性が引っかかって仕方なかった。

確かに日本と特定のアジア諸国の外交関係は決して平穏とは言えないかもしれない。しかし、それは外交の問題であって、国民性の問題と短絡的に結び付けるべきではない。どんな根拠があったとしても「●●人は~」というステレオタイプのヘイトスピーチは避けられるべきである。

そういった偏狭なナショナリズムに疑いもなく加担してしまう無知と思考力の無さに驚愕してしまう。そういった人たちほど、「先日デモに参加してきた」と無邪気に語れてしまうのである。

昨今のデモブーム(あえてブームという)は、若者の自己顕示と繋がりを求める欲求の転化だという指摘がある。そういった自己の発露様式を否定するつもりは毛頭ないが、それが短絡的なステレオタイプに、無意味な憎悪感情に油を注いでしてしまうことにもっと自覚的にならねばならない。

もちろん「問題」だと言われていることに全く問題がないというコンサバティブでも私はない。しかしヘイトスピーチという幼稚な様式で自己の満ち足りなさを発散させるのではなく、市民社会の一員としてもっと理性的な方法で対処すべきではないかということである。本当にその問題を問題視し、純粋に関心をもっているのであればである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月 1日 (木)

一票の重みという欺瞞

先日「参議院選挙」が終わった。

 

終了直後に書き記しておきたかったのだけれど、なかなかブログを書くことに時間が割けず今日に至った。

 

書き記しておきたかったというのは、連日の選挙報道に違和感を覚えたからである。その違和感に向き合ってみて、何かしら言語化することに意味があるのではないかと感じたからである。

 

選挙制度の本質はやはり「個人の一票で社会を変える」(直接的に言えば特定の候補者を当選させる)であると考える。それは国民に与えられた選択権であり、国民に課される義務が正当化されるシステムと言えるかもしれない。

 

例えば消費増税が嫌だというのであれば、選挙で消費増税に反対する候補を当選させればいいのであり、選挙で消費増税を推進する候補が結果的に多く当選し、結果的に消費増税が実行されるならば、それは選挙によって国民の総意が反映させられた結果であるといえる。これは民主主義の至極もっともなロジックなのだが、あまりにこのロジックに頼りすぎ、周辺の意思への配慮が抜け落ちると若干の違和感が生じてくる。身近なとこでいえば、橋下大阪市長の政策運営手法があてはまるだろう。確かにその通りで間違ったことは言っていないが、あまりにも杓子定規な民主主義の解釈への違和感である。

 

 

結論から言えば、現在の選挙制度は「個人の一票で社会を変える」可能性を軸にした制度にも関わらず、「個人の一票で社会を変える」可能性は甚だ少ないのである。もちろん、現政権に対する不満が募り、それが「総体」となって、表に現れるのであれば社会は変わるであろう。しかし、それはいわゆる「世論」という波にのって、個々人の意思が「総体」といううねりになればこそである。結果論としては可能かもしれないが、個人が突発的に思い立った一票が社会を変える可能性はほとんどない。近年の投票率の低下というのも、人々がそういった「欺瞞」を無意識に感じているからではないだろうか。

 

さらに、そういった本質を無視して(触れてもどうにもならないので)、「あなたの1票が社会を変える」と喧伝する選挙報道にも「欺瞞」を感じた。ネット選挙の導入に関連して、若者の参画度合いの低さを非常に深刻げな表情で語り、選挙当日の報道では社会の命運をわける「運命の日」かのようなはではでしさで演出する。しかし今回の選挙は参議院選挙であり、もちろん今後の政局を占ううえで重要であるが、参議院に政局をコントロールする実質的な機能はほとんどない。そういったことを踏まえると、マスコミにとっては、選挙の結果などは実はどうでもよくて、いかに「お祭り」として「世紀の一大イベント」として選挙当日を演出し、人々の目をひくかが大切なのではないかと疑ってしまう。そしてそれこそが選挙報道の「個人の一票で社会を変える」という謳い文句に欺瞞を感じる構造なのではないかと考える。

 

別にマスコミ批判がしたいわけではない。マスコミやその他の権力性の欺瞞を指摘し、社会を変えてやろうと悦にはいってしまうことはあまり好みではない。そういった人こそ、他の人よりマスコミや権力性というものに執着しているだけではなかろうか。そもそもそんなものなのである。大切なのは正しく理解し、適度に距離をとることである。そういった意味で今回の考察をおこないたかったのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ