« あの人はなぜ信じられない行動をとるのか② | トップページ | 一票の重みという欺瞞 »

2013年7月21日 (日)

あの人はなぜ信じられない行動をとるのか③

人がとる行動は、各個人のメリット(欲)によって規定されるのであり、どのような部分にメリットを求めるのか(自分の欲がどのように存在し、それをどのような形で表出するか)という心の癖は、まさに幼少期の親和的関係の内実によって規定されるのではないかというのが前回までのお話でした。

今回はその幼少期の親和的関係の内実についてお話しします。

結論を先取りすれば、自分の欲がいかに承認され、どのように抑圧されてきたかという自我形成の過程がまさに個人の心を癖づけるのだと考えています。

ただ、こういうと何か理想の形をした理念型の自我というものがあって、それが「正常」で、そこからずれると「異常」というような短絡的な発想に陥りがちです。人それぞれ姿形が異なっているように、別にどういった心の習慣が正しいのかというものはないと思います。ですが、その心の癖によって、本人が「しんどさ」や「生きにくさ」を抱えていたり、1回目に述べたようにその心の癖から派生する行為が非社会的(もしくは反社会的)なものになってしまうのであるならばそれは「問題」視していくべきでしょう。我々は一人で生きているのではなく、社会という公共性の中で生きているのですから。

話を戻します。人間の2者関係というのは、「承認」よって成り立ちます。「あなたはあなたでいいんだよ」という相互承認を与え合うのが人間関係の基本形であり、特に幼少期の親子関係では顕著です。

親は子ども(特に乳児)の存在をそのままに受け止める。子どもも親に絶対的な依存状態に身を置くことで(置かざるを得ないのですが)親を親として存在承認するのです。

そういった相互承認の中でアタッチメント形成が行われて行きます。

ところが、子どもがある程度成長してくると、子どもの存在をそのままに受け止めてばかりはいられないようになります。「しつけ」という概念が加わってくるからです。いくら子どもがある事柄を求めようとも、それが望ましくないことであれば抑圧していかなければなりません。それは子どもにとって将来役立つことですし、「しつけ」は欲に対する超自我を構築し、自我を確立させていくうえでなくてはならないものです。

しかし、その体験は子どもにとって、絶対無二の存在に自分の欲求が承認されなかったという自己否定感が強く与えられる経験になります。非常に「しんどい」状況になるのです。どうにかして親の承認を得るためにしぶしぶ自分の欲求を抑圧したり、親の要求(しつけ)に合わせようとするのです。そういった中で、自我の健全さを保ち、心の習慣を確立させていくのです。

ただ、その抑圧が厳しすぎたり、親の要求基準が理不尽であったり(ダブルバインドという状況も当てはめ得るかもしれません)、どう頑張っても健全な承認が得られないような状況であったりすると、自我の健全さ(ここでは主観的な意味合いの)を保つために心の癖というものが付いてくるのです。

自己中心的であったり、他人に責任を求めるようになったり、過度に自分を抑圧したりするようになったりと。その場の承認を得るためにその場しのぎの振る舞いをするようになったり、承認を得ようとするがために自己顕示欲というのが異常に強くなったりすることもあるでしょう。

幼少期のこういった体験は、個人の自我を形成する上で非常に大きな役割を持っていますが、その後の体験によって、また新たに癖づいたりする場合もあります。

話の収拾がつかなくなってきてるので、強引に戻しますが、要するに人間のメリットというのは自我の健全さを保つということなのではないのかなと思います。

自己がいかに承認されるか、「しんどさ」を回避できるかという側面です。「しんどさ」を回避できるのならば、一般的な倫理観や道徳観は軽視されたりもするでしょうし、もともとうまく形成されていない場合もあるでしょう。

あの人の信じられない行動を目にしたとき、あの人の自己承認スタイルという観点からその行動を捉え直してみてください。

また違った世界が広がっていくかもしれません。


|

« あの人はなぜ信じられない行動をとるのか② | トップページ | 一票の重みという欺瞞 »

コメント

コメントありがとう!

安定型といったような類型をあてはめてみるのは面白いし、僕にはないオリジナリティだね。

脳科学の領域からみても、人の思考回路が正当化されるように、脳内物質の伝達経路とかが癖づいてくるんだそうです。(うつ病とかがそうだよね)

なかなか因果関係が求めにくい事象だけど、こういった見方にたてば統合失調症やボーダーラインといったしんどさをもつに至る理由も言及できそうな気もしてます。

僕もざっと書き綴っただけの文章だけなので暇つぶし程度に読んでもらえば幸いです。

投稿: れつ | 2013年7月25日 (木) 23時32分

非常に興味深かったです。
恥ずかしながら、「自我の健全さ」=「メリット」の意味がイマイチよくわからず、何度か読み返してようやく理解しました。笑

ここからは自分なりの考えです。

幼少期での経験が自我の形成・確立に大きな影響を及ぼしているということは、幼少期に親からの愛情を感じ取れる環境だったかどうか(甘やかすという意味ではなく、きちんとしつけられていたか)など、アタッチメントのタイプによって変わる。

愛情を感じ取れる環境(安定型)であれば、自分の欲求を抑制(以下、我慢)し、受け入れてもらえたという経験があるため、我慢することが苦にならない。我慢すれば承認してもらえる(=メリット?)。従って、ルールやマナーを守れる人になる。

そうでない場合であれば、我慢しても受け入れてもらえない状況や、理不尽な要求を経験している可能性があるため、我慢することにメリットを感じない。我慢しても受け入れてもらえないなら、我慢する必要がない。従って、自分が楽(しんどさを回避)すること(=メリット?)を優先する場合がある。
または、承認してもらえない→承認してもらおうと躍起になり、他者のことを考えずに行動する。

このような場合に、人は信じられない行動をとるのではないか。
もちろん、承認欲求が他者より大きい人にも言える。


すべて可能性の話であって、「絶対こうだ!」とは言えませんが、れつさんの文章を読んで、自分なりに考えて書いてみました。笑
自分の意見を書いているつもりが、れつさんの意見をもろに受けたような内容になってしまいましたが…sweat02

専門用語などは自分なりにかみ砕いて覚えているため、長ったらしい文章ですみません…(´・ω・`)


では、長文失礼しました。

補足があれば、またコメントします。笑

投稿: | 2013年7月23日 (火) 04時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102583/57834805

この記事へのトラックバック一覧です: あの人はなぜ信じられない行動をとるのか③:

« あの人はなぜ信じられない行動をとるのか② | トップページ | 一票の重みという欺瞞 »