« 【20130626】金沢で語る | トップページ | 【20130703】面接で語る »

2013年6月26日 (水)

【20130626】金沢で語る②

講義後、金沢駅まで戻り、お目当ての居酒屋「いたる」に向かう。

選考基準は食べログの評価がよかったという安直なものだったが、こういう時は王道に乗っかってみる方がだいたいうまくいく。こんなところで自分らしさを奇抜さに求めなくとも、出さねばならぬ時はそのほかの機会に山ほどあるだろう。

一か月前に予約をした時で既に満席に近い状態であった。

刺身の桶盛、のどぐろの焼き物、その他北陸の珍味(カニ味噌やふぐの卵巣)を天狗舞の大吟醸でいただく。日本酒にそんな詳しい訳ではないのだが、昔マンガ「美味しんぼ」で「天狗舞」が紹介されていたのを読んでから、日本酒といえば天狗舞と回路づけられている。

食べログにしろ、美味しんぼにしろ、要するに「権威志向型」なのかもしれない。

「20130622_180138.jpg」をダウンロード

次の日には金沢駅構内で寿司もたべる。
駅構内でこのクオリティ!

「20130623_134935.jpg」をダウンロード

おみやげはイカ!

「20130625_002640.jpg」をダウンロード

今回の金沢への出講で、意外にも印象に残ったのが、21世紀美術館である。
ちょうど「内臓感覚」という展示が行われていた。

「内臓」とは、人間の中で一番生々しい部分であろう。
身体性が凝固された部分であり、人間らしさであり、人間らしさゆえにグロテスクさやおぞましさを帯びているのかもしれない。

そういったものを表現する(「身体性の発露」)という行為を目の前にすることで、自分がいる「日常」と「非日常」とが倒錯する感覚を覚えた。

もう少し厳密にいうならば、「日常」が「非日常」を浮かび上がらせ、その「非日常」が「日常」を逆照射するという感覚である。

個々の作品の感想や解説は割愛するが、訪れてよかったと強く思えた。

ギフトショップのブックコーナーでやたらと鷲田清一が取り揃えられていたところを見ると、僕の考えたこともあながちずれてはなかろう。

そこで神戸の帰路用に文庫本を2冊購入したのであった。

山竹伸二「認められたい」の正体
四方田犬彦「かわいい」論

最後にお口なおしにレアンドロのプール。
まさに「日常」と「非日常」が交錯している。

「20130623_114452.jpg」をダウンロード

「20130623_123104.jpg」をダウンロード

|

« 【20130626】金沢で語る | トップページ | 【20130703】面接で語る »

コメント


コメントありがとう!

自分の中のもやもやってした感覚を言葉にできるとすごく爽快だよー言葉で表したり、絵で表したり、音で表したり、その方法は人それぞれだろうけど。

一週間に一度ぐらいは更新しようと思ってるんでまた見にきてね♪

投稿: たけたけ | 2013年6月27日 (木) 22時38分

言葉は少し難しいですが内容はすごくわかりやすいです。
自分では言い表すことが出来ない感覚を言葉で表現されてて、素直にすごい、と思いました。

興味本意で読みに来ただけだったんですが、これから時間があるときにお邪魔しようと思います。

投稿: あやか | 2013年6月27日 (木) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102583/57670026

この記事へのトラックバック一覧です: 【20130626】金沢で語る②:

« 【20130626】金沢で語る | トップページ | 【20130703】面接で語る »